やっとできた、今年の年賀状   思ひ出「酒の黴」より

R0011458.JPG

12月25日、
夕方5時。
今日までに投函すれば、
元旦に届くらしい。
R0011459.JPG
やっとできました。
年賀状。
今年は
全部で1200枚。
R0011460.jpg
年の瀬まで慌ただしい毎日。
年間で、一番日本酒が売れる週。
12月31日まで
休みなしで営業。
仕事と忘年会の合間を
縫いながらの完成です。
R0011462.JPG
今年の
年賀状の言葉は、
北原白秋の「思ひ出」より。
今年は、
「思ひ出」が創刊されて
100周年。
R0011463.JPG
白秋が26才の時の
詩集。
白秋の実家、造り酒屋の
酒造りの風景を
うたったのが、
「酒の黴(かび)」
R0011461.jpg
25篇の四行詩で構成。
「目さまし時計の鳴る夜に
かなしくひとり起きつつ
倉をまはれば、つめたし、
月の光にさく花」
冬の寒造りの最中、
目覚まし時計をかけて
真夜中に一人起きて、
発酵する酒樽の様子を見て回る
当番のおそらく若い蔵人の
心のさまでしょうか。