秋田名物、食べ倒す   秋田県研修出張(6)

R0011272.jpg

12月15日、水曜日。正午。
秋田県横手市。
日の丸醸造株式会社を
あとにして、昼食。
横手市にある秋田県の
観光総合施設「秋田ふるさと村」に
やってきました。
昼食は、「稲庭うどん!」。
楽しみです。
R0011273.JPG
お昼になっても雪は
やみません。
昨夜からの雪。
まだ降り始めて
一日もたっていないのに、
もうこんなに
積もっています。
R0011269.JPG
「ふるさと村」の中にある、
「佐藤養助商店」へ。
「佐藤養助商店」は、
「稲庭うどん」といえば、ここ
というくらいの超メジャー。
稲庭うどんを贈り物などで
頂くときは、いつもここです。
とてもおいしい。
まず、出たのはなぜか天丼(笑)。
R0011270.JPG
しかし、ちゃんと隣には
秋田名物「いぶりがっこ」が
付いています。
大根の燻製のお漬け物。
燻製だから「いぶり」
雅香と書いて「がっこ」。
この味は九州には無い味。
歯ごたえがしっかりしています。
美味。
R0011271.JPG
でました。佐藤養助商店の
「稲庭うどん」。
めんつゆで頂きます。
かつお節がベースのだし。
九州や四国のうどんに比べると
面の太さは半分。つるつると
喉にはいっていきます。
もう、ほんっとに幸せ。
それに、この盛りつけ方。
どうしたらこうなるのでしょうか。
芸術的にきれいです。
R0011277.JPG
さて稲庭うどんに大満足のあと、
館内をうろうろしていると、
「横手やきそば」がありました。
B−1グランプリで優勝した
ご当地B級グルメです。
R0011278.JPG
しかも、このお店
その横手やきそばのグランプリを
とったお店のようです。
これは食べるしかない。
R0011275.JPG
目玉焼きと、
付け合わせが、
紅ショウガではなくて、
福神漬けというところが、
ポイントのようです。
目玉焼きの黄身を崩して
たべるとおいしい。
ソースがちょっと多めで、
若干のカレー風味。
R0011276.JPG
比内地鶏ラーメンも
ありました。
名物らしい。当然、注文。
麺は細麺で、塩味。
食べ倒しました。
おいしかった。
ところで、全部一人で
食べたんじゃありませんよ。
ちゃんとみんなでシェアして
食べました(笑)。
R0011283.jpg
館内のお土産店には、
稲庭うどん。
R0011281.JPG
「横手やきそば」まで
売っています。
R0011284.JPG
秋田の地酒も、
全蔵並んでいます。
名だたる銘酒がずらり。