白秋祭、白秋ゆかりの酒、菊美人を飲む会   柳川、御花

R0010577.jpg
11月2日、夜7時。
柳川市、料亭、御花(おはな)。
11月1日から3日まで、
柳川市は白秋祭。
11月2日は、
柳川が生んだ詩聖、
北原白秋の命日。
3日間、柳川市をあげて、
白秋を偲んで、祭りが催されます。
毎夜繰り出される、100艘余りの
どんこ船による水上パレードは、壮観。
R0010566.JPG
川下りのコースには、
雅楽や白秋の歌のコーラス、
花火など様々な催し。
柳川の川下りを
したことがある方でも、
白秋祭の川下りは別の趣き。
R0010572.jpg
うなぎめしと熱燗を
頂きながらの白秋祭の
夜の川下り、是非、
体験してみて下さい。
R0010571.jpg
今日は柳川、御花(おはな)。
立花藩主、立花家の旧別邸。
現在は、柳川市を代表する料亭。
R0010580.JPG
毎年、恒例の
「白秋ゆかりの酒、
菊美人を飲む会」。
柳川の池上酒店さまの主催。
白秋祭に、
白秋も飲んだゆかりの
菊美人を飲んで白秋を偲ぶ会。
R0010582.JPG
今年で15年目。
R0010563.jpg
菊美人、純米生酒。
九州男児、本醸造。
菊美人、秋の純米。
菊美人、純米吟醸。
菊美人、しずくどり大吟醸。
5種類のお酒を
持ち込みました。
R0010559.JPG
九州男児、本醸造と
菊美人、秋の純米は、
お燗をつけて
楽しんで頂きました。
R0010579.JPG
毎年、白秋直筆の
書画を一幅、
持参します。
今年は、色紙。
白秋が「夢殿」と
描いたもの。
R0010587.JPG
会の最後は、
花火のおまけつき。
白秋祭の花火が、
飲む会の会場からは、
特等席です。
R0010605.jpg
秋の澄み切った空気の
中にあがる花火は、
鮮やかです。
R0010606.jpg
毎年おいで頂くお客様から
「今年もとてもおいしい、
ありがとう」との感謝の言葉。
こちらこそ感謝です。
力の源を頂きました。
いい酒、造ります。