梅雨の合間にみぞれ酒   大牟田市、料亭「新みなと」

P1040644.JPG

7月7日、水曜日、午後5時。
菊美人の蔵のすぐそばの
矢部川の土手。
晴れました。
久しぶりの太陽です。
奄美大島で見たピーカンの青空
以来ですから、太陽10日ぶり。
蔵の中も、タンクや製品の瓶が
湿気で汗をかいて大変でした。
蔵の中、扇風機回しっぱなし。
P1040646.JPG
織姫、彦星の七夕に合わせて
晴れるなんて、粋ですね。
今晩は、天の川が見えるかも。
筑後地方は、
残念ながらこの天気も明日まで。
梅雨の合間の晴天。
その後はまた、雨だそうです。
やはり、福岡県筑後地方の
梅雨明けは、
例年通り7月20日あたり?
P1040645.JPG
ところで、矢部川の堤防の草が
きれいに刈り込まれていることに
気づかれましたか。
「みやま納涼花火大会」が
7月20日に開催されます。
商工会青年部の皆さんが主催。
資金集めなどの準備から大変な
ご苦労。今年で34回目。
頭が下がります。
1万発あがる県南部有数の花火大会。
夏の風物詩です。報告は後日。
P1030661.JPG
さて、今日は、飲み会。
大牟田市の料亭「新みなと」で、
ビアガーデン。
梅雨の中の晴天の日を
予感していたかのような
屋外での飲み会。
私の「飲み運」の良さを
感じずにはいられません(笑)。
P1040647.JPG
先日のブログで、
料亭「新みなと」の
ビアガーデン紹介しましたが、
お庭の立派な松を褒めておきながら
載せてませんでしたので、
今回、紹介します。
数千万円と言われている松です。
これを見るだけでもビアガーデン
行くべしです。
玄関には、宮本武蔵の書画も
飾ってあります。お宝たくさん。
P1040650.JPG
左より、
村田石油、村田浩之進氏。
弥永染工、弥永秀昭氏。
保険ライフ、黒田満英氏。
青年会議所時代の後輩たちです。
ご縁で、今でも公私ともに
お付き合いをして頂いてます。
P1040649.JPG
生ビールの後は、
菊美人の「みぞれ酒、樽酒」、
「みぞれ酒、大吟醸」を
頂きました。
このような、「かたくち」に
入ってみぞれ酒は出てきます。
シャリシャリ感が、
なんとも、夏に合います。
何杯も飲めてしまう。
P1040648.JPG
氷が溶けていく度に、
酒の味わいも変わるのが
面白いところです。
菊美人のみぞれ酒、
「新みなと」でしか飲めません。
是非、お立ち寄り下さい。
料亭「新みなと」
大牟田市本町3-2-9
大牟田駅より歩いて3分。
TEL 0944-54-3710