鮨と日本酒   東京、麹町の立喰い寿司

P1040340.JPG

6月15日、夜10時。

東京都、千代田区、麹町。




P1040339.jpg

清潔でリーズナブルなので、

出張の際は、

麹町の「都市センターホテル」を

常宿としています。


ホテルのすぐ近くに、

立ち食い鮨屋があります。


小腹が減ったので、立ち寄りました。

夜の10時に、鮨と酒。
やっぱり、やせないよなぁ(苦笑)。






P1040332.JPG

九州では、「立ち食い鮨屋」には

なかなかお目にかかれませんが、

日本橋や築地を中心に、

東京では繁盛しています。


東京で会社勤めしてた頃は、

大変お世話になりました。

安くて、早くて、旨くて、

サラリーマンの味方です。


岩手県の「あさ開き」の佳撰を

冷やで頂きました。





P1040333.JPG「蛇の目」になみなみと注いで

もらって350円。安っ!!


このお店、お酒はビールと冷酒のみ。

非常にうれしい。

やはり、鮨には、日本酒ですよ。

決して、焼酎でもないし、

ワインでもないと断言します。


「あさ開き」は辛口で後味がスーッと

キレてまた飲めるお酒。






P1040336.JPGところで、些細なことですが、

カウンターで食べている

大半の人たちが、

お鮨をお箸で食べていらっしゃる。


立喰い鮨でも、職人さんが、

客の目の前で握ってくれています。









P1040337.JPG職人さんも

手で「にぎる」のですから、

こちらも手で「つまむ」のが

礼儀のような気がします。


女性の方は手が汚れるから

敬遠される方も

いらっしゃるのでしょうが、

そのためにおしぼりがあります。

P1040335.JPG

手でお鮨をつまんで、

ひっくり返して醤油につけて、

パクッと口の中に放り込む。


しぐさがイキだと思います。


「にぎり」は手で「つまむ」。


皆さんはどう思われますか。