シュトルム・ウント・ドランク 疾風怒濤の乾杯  台北見聞録(6)

P1030918.JPG

5月21日、金曜日。午後1時。
ゴルフは休憩なしの
18ホールスルーでプレイ。
お昼には終了し、1時から
昼食をかねてのお疲れ様会と
なりました。
林口付近の、レストラン「古早暦」。
P1030917.JPG
台北仁愛ライオンズクラブ、
メンバー陳国意氏の弟さんが
経営するレストランです。
P1030907.JPG
台北仁愛ライオンズクラブの
皆さん4名と、
我々瀬高ライオンズクラブ4名との
和やかな食事会となりました。
P1030910.JPG
豚は、爪以外、何でも食えると
言いますが、
これは、「豚のしっぽ」。
生まれて初めて食べました。
ゼラチンがなんともおいしい。
P1030913.JPG
オーナーがせっかくの
日本からのお客様ということで、
秘蔵の紹興酒を、ふるまい酒。
「十年貯蔵 精醸陳紹」。
これが、うまい!
陳年十年ですから、
10年寝かせた紹興酒です。
1本6000円ほどする逸品。
P1030908.JPG
紹興酒独特の
ノドに残るアクもなくて、
スッと入っていきます。
中華料理との相性は抜群です。
あまりにもおいしいと褒めた
私たちが甘かった。
オーナーは大喜びでまたも、
「乾杯」が始まりました。
オーナーは普通のコップで
一瞬にして飲んでしまいます。
私たちも慌ててイッキ飲み。
P1030915.JPG
まさに「嵐と衝動」。
シュトルムウントドランク、
疾風怒濤の乾杯コール。
紹興酒の甕が、瞬く間に
空になっていきます。
久しぶりの酩酊状態。
写真もブレていますね(笑)。
おそるべし、台湾人。